FC2ブログ

大野智 CM

2011.02.01


・森永製菓(BAKE)2015年10月6日~[クリーミーチーズ 3種のチーズ篇]
森永ベイク 2015
CMストーリー
金色の帽子をかぶる、ちょっとエレガントなMr.BAKE。
「また新しい『ベイク』を作ってしまった」と、語りだし、指をパチンと鳴らすと、
彼の後ろに或る商品の壁から「NEW」の文字が現れます。
場面は、一転。
「♪チーズとショコラをベイクした〜」というコーラスが聞こえ、
そこには、3種類のチーズとホワイトショコラを混ぜ合わせる女性たち。
Mr.BAKEはそれを不思議な力でひと口サイズのかたまりにすると、
お得意の炎で"ベイク"しちゃうのでした。
こんがりと焼きあがった「ベイク」を味わい、恍惚の表情のMr.BAKE。
3種類のチーズを使うことで、さらに濃厚になったベイクを堪能したMr.BAKEでした。
CMレポート
金色の帽子に、びしっと決めたスーツを着こなすちょっとエレガントな大野さん。
今回は、CMの前半/中盤/後半それぞれで雰囲気が異なるため、さまざまな演技が必要でしたが、
さすが大野さん。抜群の演技力で演じていただきました!
特に、「ベイク」を口に入れるシーンでは、とろける表情が、なんとも最高にキュート!
またしても、Mr.BAKEの世界観と魅力が、ぐぐっと広がったのでした。



森永ココア 2015
森永ココア-2015-4-1



・ローソンCM 2015年3月~
弁当「ブアツイ」篇
ローソン-3
ちょっと上品なトンカツ屋で、厚切りロースかつ&ひれかつ弁当を食べる大野さん。
和太鼓を使用した和風の音楽や掛け声に合わせ、カツと大野さんをテンポよく見せていきます。

弁当「ビッグシズル」篇
ローソン-2
隠れ家のような和食屋で「紅鮭」、「カツ」をほおばる大野さんをハイスピードカメラで捉えていきます。
美味しさのあまり恍惚の表情の大野さん、思わず「うま」とため息が出てしまいます。
LAWSONのお弁当を紹介するCMです。

ベーカリー「パンパない」篇
ローソン-1
半端ないうまさのベーカリー。
揚げビーフカレーパン、焼きチーズパンを食べて 大野智さんが思わず一言。
ローソンオリジナルのこだわりのあるベーカリーを紹介するCMです。


・久光製薬(アレグラFX)2015年1月~
stationad01.jpg

stationad02.jpg
アレグラ人が地球にやってきてから、3年目の春がやってきた。
もはや日本を代表する存在となったアレグラ人は、今年も大忙し。
富士山登山中の女性のくしゃみを嗅ぎつけた3人は、さっそく彼女のもとに飛んでいき、任務を果たします。ひそかに新しくなったポーズにも注目です!

stationad03.jpg
仕事終わりに舞台を観劇しているOLの2人。
夕方は花粉症による症状が辛くなる時間帯で、2人ともきつそう・・・。
すると、突如舞台上に、裃姿のアレグラ人が登場!
アレグラFXは1日2回飲めて、花粉の辛くなる夕方にもしっかり効くことを、3人が体を張って伝えます。
stationad04.png



・ローソンCM 黄金チキン旨塩(ある家庭にて)篇 2014/10/28~2014/11/10
ローソン-チキン-2
ローソン-チキン-3



森永ココア-1

森永ココア-2
【突風篇】
森永ココア-4
【くもり眼鏡篇】
CMストーリー
外ではクールなあの人も、実は、家では誰にも見せられない格好で・・・!?
そんな想像をかきたてる今回のCMでは、アイドル役・大野智のオフの顔を大公開!
グラビア撮影ではかっこよくポーズを決める大野さんですが、
プライベートでは一転、ジャージにドテラ、ちょんまげに黒縁メガネ、
手にはお魚クッション・・・というアイドルのイメージとはおよそかけ離れた格好で、
心からリラックスしてココアを堪能する姿をこっそりお見せしちゃいます。
CMリポート
大野さんにオフのリラックスを再現してもらうために。
魚拓、釣り竿、アート、オブジェ、美術セットにはこだわりの小道具がびっしり!
そんなセットを見て、大野さんも一気にリラックスモードに!
カメラが回った瞬間、アイドルのイメージビデオさながら
普段では見られないお茶目なカメラ目線を連発する大野さん。
カットと同時にスタッフの笑い声が漏れる和やかな現場となりました。
ココアを飲むシーンでは、実際にココアが大好きという大野さんらしく、
本当においしそうな表情を見せてくれました。



・森永製菓(BAKE)2014年10月9日~「ベイククリーミーチーズ」
BAKE-11.png

BAKE-10.png

BAKE-12.png

CMストーリーMr.BAKEの第四弾。
ついに、四つ目の扉が開くと、そこに現れたのは、
金色の帽子をかぶる、ちょっとエレガントなMr.BAKE。
「また新しい『ベイク』を作ってしまった」と、語りだし、指をパチンと鳴らすと、
彼の後ろに或る商品の壁から「NEW」の文字が現れる。
場面は、一転。
「♪チーズとショコラをベイクした~」というコーラスが聞こえる。
そこには、チーズとホワイトショコラを混ぜ合わせる女性たち。
Mr.BAKEはそれを不思議な力でひと口サイズのかたまりにすると、
お得意の炎で"ベイク"しちゃうのでした。
こんがりと焼きあがった「ベイク」を味わい、恍惚の表情のMr.BAKE
大きなパッケージに腰掛け、この新しい「ベイク」に名前を進呈。
「クリーミーショコラと名付けよう」と、決めるMr.BAKEなのでした。
CMリポート金色の帽子に、びしっと決めたスーツを着こなすちょっとエレガントな大野さん。
今回は、CMの前半/中盤/後半それぞれで雰囲気が異なるため、
さまざまな演技が必要でしたが、さすが大野さん。抜群の演技力で演じていただきました!
特に、「ベイク」を口に入れるシーンでは、とろける表情が、なんとも最高にキュート!
またしても、Mr.BAKEの世界観と魅力が、ぐぐっと広がったのでした。


・ローソンCM「手打ち式生パスタ(試食)」篇2014/10/7~10/20
ローソン-パスタ-3
ローソン-パスタ-1
ローソン-パスタ-2

 
・久光製薬(アレグラFX)2014年9月~
allegra-2014-11.png
CMストーリー

季節は秋。予想外の花粉の到来に、再び多忙を極めていたアレグラ人たち。
そんな3人のもとに、またもあの人が喝を入れにやってきた・・・!

allegra-2014-12.png 母の一喝秋花粉篇

pcwp01_2014_1366x768.jpg



・森永製菓(BAKE)2014年4月1日~
BAKE-5.png
BAKE-6.pngMr.BKE/ショコラ・荒野編 2014/06/17~
(CMストーリー)
Mr.BAKEの第三弾。
夏バージョンの大野智さん演じるMr.BAKEは、
ギラギラの太陽が照りつける荒野で「BAKE」しています。
「BAKE」と書かれた大きな看板を背に、
悠々とこちらへと歩いてくるMr.BAKE。
くるりと回ってポーズを決めながら、
青空に浮かぶ巨大なBAKEに火をつけます。
夏の暑さにも溶けないBAKEを指に挟みながら、
イチャイチャしているカップルの間を分け入って一言
「ヤキモチじゃないぜ」 
そう、それはヤキモチじゃなく
「焼きチョコだぜー!」 
クールに決めるMr.BAKE!!
でも腰掛けようとした車のボンネットは激アツで…
BAKEはそんな灼熱の中でも「マジでベタつかない」のでした。

CMリポート
ウェスタンなスタイルに身をつつんだ、大野さん。
くるりと回ってポーズを決めるシーンでは、
さすがのキレにスタッフ一同みとれてしまいました。
ボンネットに腰掛けようとして「あつっっ!」と飛び退く、
キュートな大野さんも必見です。
今回は、リズムにのせたナレーションもポイント。
かっこいいながらも、ちょっとコミカルで。
大野さんにしか出せないMr.BAKEの魅力に、
現場全体がトリコになりました。

BAKE-1.png
BAKE-2.png Mr.BKE/クッキーショコラ篇
(CMストーリー)
大野智さんが演じる、Mr.BAKEの第二弾。
彼は仕事場で、今日も「BAKE」しています。
クッキーとショコラを、宙にふわりと浮かべて、
ひとつに合わせ、こんがりとひとつずつ「BAKE」して
クッキーショコラを焼いています。

「これって僕にしかできないんですよね~」と
ちょっと自慢気なMr.BAKE。
うっかり炎をガンガンだして、すこし調子に乗っていると、
上司から、「HEY!BAKE!」と注意を受けてしまいました。

だけど最後は、気をとりなおしてカッコ良く決めるMr.BAKEなのでした。

(CMリポート)

第二弾は、白い衣装。こちらも、ビシッときまっていました。
クッキーとショコラを宙に浮かべて「BAKE」するシーンでは、
すべてCGで足されるため、何もない中での演技でしたが、
まるでそこにクッキーとショコラがあるかのような見事な手さばき!
CGで足さなくても充分では?なんて声が上がるほどでした。
上司に怒られるシーンでも、チャーミングな表情をしてくれた大野さん。
なんともなごやかな雰囲気での撮影現場となりました!

BAKE-2014.png
BAKE-2014-CM1.png Mr.BAKE ブランド編
(CMストーリー)
大野智さんが演じたのは、Mr.BAKE。
彼の仕事は、「BAKE」。
彼の指先から現れる炎で、チョコを「BAKE」して、
おいしい「BAKE」を作るのである。

工場で、チョコをノリノリで「BAKE」して、
たまーに、女子たちのハートも、「BAKE」しちゃう。
そんな彼が焼いたチョコはおいしいから、
人気も、ボッと、火がついちゃいました。

そんなMr.BAKEが焼いたのが、焼きチョコ「BAKE」!

最後はちょっとおとぼけに、「BAKEって焼くって意味だったのか!」
と今さらながら気づく、Mr.BAKEなのでした。

(CMリポート)
今回から始まるMr.BAKEのキャンペーン、
初めて袖を通すMr.BAKEの衣装もビシッと決まり、
いつもにもまして二枚目でカッコイイ大野さんでした。
バキューンと女の子のハートを「BAKE」しちゃうシーンも、
見た人の心をぐっと掴む、セクシーさ満載!
一方、ラストカットのおとぼけシーンや、
コンベアを流れるBAKEに向けて、ノリノリで火を飛ばすコミカルなカットでは、
監督も思わず笑ってしまうほど。
想像以上の演技の振り幅に、スタッフは拍手喝さいでした。


・久光製薬(アレグラFX)2014年1月14日~
アレグラFX-2014
(アレグラ人プロフィール)
・アレグラ人 サトシーラ
アレグラ人数億人を束ねるリーダー。
5キロ先のくしゃみを聞き分ける聴力を持っており、一滴の鼻水も見逃さない。
卓越した運動神経で、誰にも真似できないポージングを考案しては二人を困らせている。
特技は、無重力バク宙。
・サクラーバ
2トンの岩を粉々にする怪力アレグラ人。
自慢のアレグラ筋を維持するため、日々トレーニングを欠かさない。
そのパワーの反面、性格はやさしく温厚で、多くのアレグラ人から慕われている。
好きな食べ物は、紫芋。
・ヒカリーナ
純粋でがんばり屋さんな、アレグラ女子。
アレグラ星期待の女優の卵で、近く公開予定のアレウッド映画「さらば花粉」で映画デビューが決まっている。
好きなタイプは、アレアレ系。
・タケージョ
アレグラ星の人里離れた山奥に暮らす、全アレグラ人の母。
誰にも真似できない独自の言語を話す。しつけにはとことん厳しい一方で、おちゃめで女性らしい一面も。自宅でアレグラ米を栽培しており、毎月地球への仕送りは欠かせない。
得意な料理は、アレーライス。
アレグラEX-2014ヒーローショー篇ヒーローショー篇
(CMストーリー)
アレグラ人が地球にやってきて早1年・・・。
日本では空前のアレグラ人ブームが起こり、花粉と戦い続ける3人は国民的なヒーローになっていた。
多忙なスケジュールの中、3人が向かったのは某デパート屋上でのヒーローショー。
今日もアレグラFXで花粉に苦しむ地球人を救うのだ!
アレグラEX-2014母の一括篇母の一喝篇
(CMストーリー)

日本全国を飛び回り「アレーグラー!」を広めていくアレグラ人。
あまりの多忙さと、花粉の多さに自信を失いかけていた。
そんな3人のもとに、突如強力な助っ人が現れる。彼女の正体は一体・・・!?



・久光製薬(アレグラFX)2013年1月18日~
FXアレグラ
(CMストーリー)
花粉が舞う日本の街に、突如鼻の形をしたUFOが現れた。中には、謎の紫色の人影が…。そう、彼らの名は、アレグラ人。「アレーグラー」という謎めいたポーズとともに、花粉症に困る人々へアレグラFXを伝達するアレグラ人たち。彼らは、100万光年離れたアレグラ星から、花粉に苦しむ地球人を救うためにやってきたのだ!

(アレグラ人プロフィール)
・アレグラ人 サトシーラ
アレグラ人数億人を束ねるリーダー。5キロ先のくしゃみを聞き分ける聴力を持っており、一滴の鼻水も見逃さない。卓越した運動神経で、誰にも真似できないポージングを考案しては仲間を困らせている。特技は、無重力 バク宙。
・アレグラ人 サクラーバ
2トンの岩を粉々にする怪力アレグラ人。自慢のアレグラ筋を維持するため、日々トレーニングを欠かさない。そのパワーの反面、性格はやさしく温厚で、多くのアレグラ人から慕われている。好きな食べ物は、紫芋。
・アレグラ人 ハルカージョ
やんちゃでちょっぴり天然な紅一点。アレグラ星のアイドル的存在で、雑誌「alle girl」の専属モデルを務める。花粉の情報を得るため、ヘアバンドの中には高性能探知機を搭載。夢は、アレグラ人のお嫁さん。
アレグラEX-登場編(アレグラ人登場編)




・ローソン(おにぎり屋)2012年11月~
ローソンCM-1
ローソンブログ
・10/28日テレNEWS24より
5人組アイドルグループ嵐の大野智(31)が28日、都内でローソンのオリジナルブランド「おにぎり屋」の10周年を記念した「郷土のうまい!」シリーズ商品&新テレビCM発表会に出席した。
新CM「おにぎり屋 郷土のうまい!シリーズ『放浪画家 大野さん 宮崎へ』編」(11月6日~オンエア)で、おいしいものに目がない放浪画家を演じた大野は、深緑色のタータンチェックのジャケットにベレー帽というCMと同じ衣装で登場。
「郷土のうまい!シリーズを1人でも多くの人に知ってもらえるよう盛り上げていきたい。郷土料理で日本をたくさん応援していきたい」と気合たっぷり宣言した。
CMは、画家の大野が旅先でうまいものに出会う展開で、最初に出会うのは宮崎県の「黒瀬ぶり照焼」。
旅先でおいしいぶりの照り焼きに出会い、あまりのおいしさに地元の言葉で「これ、おにぎりにしたいっちゃけど!」と店の女将にお願いし、おにぎりにしてもらう。
ぶりのおにぎりを初めて食べたという撮影を振り返り、「香ばしい匂いがスタジオの中に広がっていく中で、食べるのは僕だけ。いいのかな~と思いながら、撮影しました。すごいおいしかったですね」と役得ににんまり。
この日も、「宮崎のうまい!黒瀬ぶり照焼」のほか、「山形のうまい!やまがた牛すき煮」「鹿児島のうまい!黒毛和牛のうんまか煮」の3種のおにぎりをもりもりと試食し、「どれも甘みの違いがあってすごく面白い」と太鼓判。「初のきょうの飯だったので!ごちそうさまでした」と満足そうな表情を浮かべた。



・森永製菓(ベイククリーミー)2012年10月~

繝吶う繧ッ繧ッ繝ェ繝シ繝溘・_convert_20121013143207 CM 
CM-ベイク2
(CMストーリー)
新商品のイメージキャラクターとして、CMには大野智さんが登場。CMのテーマは、“焼きチョコのようにクリーミーな想い出”。 ある男女のラブストーリーが、ドラマの回想シーンのように描かれています。
雪をかけ合ってじゃれあう仲の良かった頃の想い出、
彼女を想いながらピアノを弾き、オブジェを彫った日々。
一度はプロポーズまで進んだ恋にも、ついに訪れる別れ。
恋人からの手紙を読みながらその想い出を振り返る。
そんなロマンチックな回想の中、大野さんがつねに手にしているのは、焼きチョコ。
1人の女性を深く愛しながら、同時に、同じくらいの情熱で焼きチョコを愛してしまった男の、切なくも美しいクリーミーな愛の物語です。
CM-ベイク1
(CMリポート)
7月中旬、都内から近いスタジオで、撮影が始まりました。
新商品のイメージキャラクターとしてCMに登場していただいたのは、大野智さん。
このCMのポイントは、BAKE creamyのちょっとリッチで深みのあるおいしさを、
大野さん主演のラブストーリーというかたちで表現するということです。
撮影現場ではまず、CMのストーリーや演技についての説明が。
笑顔で話を聞く大野さんでしたが、
そのやわらかい雰囲気も撮影が始まると同時に一変、憂いのある大人な男性の表情に。
真剣で迫力のある演技に、撮影現場も息を飲みました。
焼きチョコを食べながらピアノを弾く魅惑的な体の動き。
木彫りの焼きチョコオブジェを彫る真剣な表情。
去りゆく恋人を見つめながら焼きチョコを胸に引き寄せる絶妙な間。
女性を愛しているのか焼きチョコを愛しているのか自分でもわからない、
そんな男性の複雑な心境を、大野さんの演技力によって見事に表現していただきました。
「このCM、もしかして本気で泣けるドラマなのでは?」と感動するスタッフも出てくるほど。
さらに、大野さんの豊かなアドリブによって、CMそのものが現場でどんどん良くなっていきました。
待ち時間には、焼きチョコをぱくぱくと食べる大野さん。
撮影でも、焼きチョコを食べるシーンは何回もあったのですが、
思いの外、BAKE creamyを気に入っていただけたご様子。
最後は、甘く恋人に語りかけるようなナレーションを収録。
結局は恋人よりも焼きチョコを愛しているという意外な展開のナレーションに、
大野さん自身も思わず吹き出してしまうという場面もありました。
ナレーションを撮り終えて撮影は無事に終了。
大野さんの大人の魅力に包まれた撮影現場でした。


・森永製菓(森永ビスケット)2012年10月~

CM-社長と秘書編
小さなチョコビスケット 社長と秘書編】出演 : 大野智、仲間由紀恵
(CMストーリー)
今日のおぼっちゃまはヒゲをつけてすっかり社長気分。メイドさんにもメガネをかけて秘書役になってもらおうとお願いするのですが…断られてしまいます。「メガネかけていない秘書なんて、チョコのないチョビスケだよ!」とおぼっちゃまなりの理由で一生懸命説得しようとしても、敢え無く失敗。最後にやっとメガネをかけてくれたメイドさんに、おぼっちゃまは大コーフン!メイドさんの新しい魅力にまた恋焦がれてしまうおぼっちゃまなのでした。
(CMリポート)
お待たせしました!おぼっちゃまとメイドさんのチョビスケCMシリーズ、大好評につき第2弾です。
今回はなんと、おぼっちゃまが暮らすお城の広~いお庭を大公開! シリーズ第2弾ということもあり、大野さんと仲間さんのかけあいは、さらにヒートアップしていきます。前回のCMの流れを汲んだアドリブが大野さんから飛び出したり、 NGが出ても仲間さんがメイドさんの役柄のままツッコミを入れたり。 楽しい会話が続きすぎておぼっちゃまから「ボクね…ちょっと疲れちゃったよ」とのセリフがでるほど、今回もスタッフは笑い声をこらえるのが大変な撮影現場でした。



・森永製菓(森永ビスケット)2011年10月~

CM-マリー 編
小さなチョコビスケット マリー 編】出演 : 大野智、仲間由紀恵
(CMストーリー)
わがままでチョビッと甘えん坊のおぼっちゃま(大野さん)と、そんなおぼっちゃまの性格をクールに受け流すしっかり者のメイドさん(仲間さん)。おやつにはチョコもビスケットも食べたいおぼっちゃまにある日メイドさんが持ってきたのは…表はビスケット、裏はチョコの可愛い「小さなチョコビスケット」のマリー!その存在を知ったおぼっちゃまは、大コーフン!!「チョビスケ」と名付け、すっかりお気に召したようです。
(CMリポート)
監督との打合せ後、早速撮影がスタートしました。1回目のテストから大野さんと仲間さんの息はピッタリ!その勢いでテイクごとに二人の演技は次々と変化しカメラが回っている間、現場スタッフは笑いをこらえるのに必死!さらに、髪を振り乱し演技する大野さんに思わず仲間さんも笑ってしまい、仲間さん自ら「カーット!」と叫ぶ場面も。本当にたくさんのバリエーションが撮れ、アドリブも交えながらの二人のやり取りが繰り広げられた楽しい現場でした。

CM-チョイス編
小さなチョコビスケット チョイス 編】出演 : 大野智、仲間由紀恵
(CMストーリー)
今日のおやつは黄色いパッケージの小さなチョイス。おぼっちゃまはテーブルに運ばれるまで待てず、つまみ食い!メイドさんも食べようとすると…「食べちゃうもん♪って言ってから食べて!」 とおぼっちゃまのリクエスト。メイドさんはしぶしぶやりますが、「ちがうちがう!」おぼっちゃまなりのこだわりがあるようで、なかなか食べさせてもらえません。やっとの思いで、最後は二人で「チョビスケ食べちゃうもん♪」可愛く決めポーズができました!
CM-ムーンライト編
小さなチョコビスケット ムーンライト 編】出演 : 大野智、仲間由紀恵
(CMストーリー)
青いパッケージが目印の小さなムーンライトで今日もメイドさんに可愛くチョビスケを食べてもらおうとリクエスト。おぼっちゃまがお手本をやってみせていると…「長いよ!」とうとう怒られてしまいます。しかも、チョビスケを食べたメイドさんの口から出たのは「美味しいッス!」と、なんとも男前な一言。(ちがーう…!!)期待していた可愛さとはかけ離れた言葉にショックで立ち直れないおぼっちゃまなのでした



・Kracie(ナイーブ)2011年3月~2014年12月

ナイーブ-1 メイキング動画



CM-ナイーブ04「ドッジボール篇」
CM-ナイーブ01 「濃密泡洗顔 あなたのために」篇
CM-ナイーブ02 「肌アミノ理論」アミノで防ぎます篇 
CM-ナイーブ03 「肌アミノ理論 ちょっとした美容法」篇  メイキング



・ケンタッキー・フライド・チキン(レッドホットシリーズ)2011年6月~

CM-KFC02.png「対決!レッドホット」篇 
(CMコンセプト
まず、商品の最大の特長は「ハラペーニョ」という耳に残るネーミングと独特な色をした「ハラペーニョソース」であると考えました。そこで、ハラペーニョがどんな辛さであるかを説明するのではなく、今までの辛さと全く違う「未知の辛さ感」を演出し、レッドホットシリーズにまた新しい商品が出た!という「登場感」 をつけることで「ハラペーニョボンレス」への期待値を上げていくことを狙いました。
また、「レッドホットチキン」と「ハラペーニョボンレス」を対決形式で紹介することで、「ハラペーニョボンレス」がいつもの定番のライバルになり得る新しい辛口チキンであることを際立たせました。両者対決の表現手法として、プロレスのリングを舞台に緑のマスクマン(ハラペーニョボンレス)と赤のマスクマン(レッドホットチキン)の二人のレスラーが大野さんに挑みます。赤コーナーの赤のマスクマンには筋肉隆々としたいかにも強そうなレスラーを起用し、「レッドホットチキン」の夏の定番であり王道をいく存在感を表現しています。一方、緑コーナーの緑のマスクマンは謎の雰囲気をもったレスラーに仕立てることで、「ハラペーニョボンレス」の未知の辛さと新たな登場を印象づけ、期待感をあおります。また、大野さんのレスポンスのセリフ、アクションで辛さの質の違いを表現しました。
(撮影こぼれ話)
大野さんには、妄想の中での赤VS緑の辛さ対決の当事者であり、辛いもの好きとして、今年のケンタッキーの新作辛口に挑むというところを演じていただきました。
大野さんは、今回のCMのポイントでもある二つの商品の辛さの質の違いを、"辛い"というセリフひとつにしても、微妙に声のトーンやボリュームを変えることで様々な辛さのパターンを表現。
さらに豊かな表情やリアクションを加えて、二つの辛さの違いを絶妙に表現していただくことができました。
"辛いけれど旨い"という難しい表情にもチャレンジいただき、衝撃的な辛さに殴られつつも、辛さの中に旨さを感じているところや、辛いもの好きとして今年の新作辛口に満足している感じを大野さんの絶妙な表情により表現することができました。
また、レスラーに技をかけられたり、リングに背中からバタンと倒れこむシーンなど体当たりで演じる場面も多々ありましたが、まったく躊躇することなく生き生きと表現する様子に、さすがと感服させられました。



・ケンタッキー・フライド・チキン(レッドホットシリーズ)2010年6月~

CM-KFC01.png
(CMストーリー)
カーネル・サンダースが浮かび上がる赤色の背景に、「レッドホットチキン」を手にした大野さんがたたずむ。大野さんの「レッドホットチキン」食べカットへ。炎とともに画面に向かって飛び出してくる「ハバネロボンレス」のシズルカット。「ハバネロボンレス」をかじり約2倍になった辛さを味わう大野さん。画面いっぱいのタイトルの中央で辛さに身をよじる大野さん。更なる辛さを求めて「激辛挑戦ソース」をかける大野さんのカット。激しく燃える炎をバックに「激辛挑戦ソース」のシズルカット。更なる激辛に衝撃を受けた大野さんが、今度は画面いっぱいのタイトルの中央でのけぞり、KFC史上最も辛いおいしさを、身をもって表現します。「激辛挑戦パック」のディスプレイカット。ラストカットでは、辛さで汗ばんだ表情の大野さんが「ケンタッキー!」と締めくくります。
(撮影こぼれ話)
撮影当日、大野さんが大の「辛いもの好き」という情報を入手した撮影スタッフは、ある作戦を実行しました。それは、商品説明といいながら、撮影直前に大野さんに「ハバネロボンレス」を「激辛挑戦ソース」とともに複数個食べていただくことで、大野さんの味覚感やテンションを完璧にあげておくというものでした。作戦は大成功!辛さに衝撃を受けるシーンでは、予想をはるかに上回る迫力のカットが撮影できました。さらに「激辛挑戦ソース」をかけた「ハバネロボンレス」の感想も、「とっても辛いけど、おいしい!」と、辛党の大野さんに早速気に入って頂くことができました。
「ハバネロボンレス」はこの夏だけの期間限定商品です。この“おいしい激辛”に挑戦したい方には「激辛挑戦パック」がオススメです。